実賃金利で『0・3%』以上の金利差があれば動きたい

諸費用を手持ち資金か5出したり、借り換えの際に借入金額を減5すことができれば、返済の負担はさらに軽減されますが、借り換え効果の純粋な比較を行うために、すべて諸費用を含めて借り換える前提で試算を行うこととします。

 
この前提で計算しても、フラット拓←フラット拐、の借り換えでは、「実賃金利」で「0・3%程度以上」の差があれば、借り換え効果、か期待できるといえそうです。

 
ここで実質金利と書いたのは、フラットおはどこで借りるかだけでなく、2種類の融資事務手数料のタイプによっても適用金利の水準は異なるからです。

 

 

ご自身が借りているフラット誌の金利と比べる際には、フラットおのホlムベlジの「金利情報」を確認し、そこに掲載されている「最低金利」に0・15%を足した数字と比べて、借り換えの効果を確認しましょう。

 
平成倒的年7月時点では、おおむね2・4%以上の金利で通常のフラットおを借りていれば、借り換え効果が期待できそうです。

 

 

ローン残高と返済期聞によっても効果は異怒る

 

 

フラットおどうしで借り換えを行う際の目安を、「金利差」をもとにご紹介しましたが、実際には現在のロlン残高と、借り換え後の返済期聞によっても効果は変わってきます。

 
残高が1000万円程度であれば、司法書士への報酬や印紙税など固定的な諸費用の割合が高くなりますので、効果は低減されてしまいます。

 

 

また、借り換え後の返済期聞が短い場合も、利息軽減効果は少なくなりますので、実際に数字で効果を確認してから判断すべきでしょう。

昨今の経済情勢を思えば、お年間の総額でこれだけの効果があれば十分だと喜ぶ人もいらっしゃるでしょうし、逆に、毎月の返済額が「2600円(約花万円÷300回)」くらいしか減らないのだから、手間を掛けて借り換える必要はないと考える人もいらっしゃるかもしれません。

 
したがって、あとは皆さまのご判断次第です。

 
返済期聞が短い場合や、ローン残一員か少ないケースでは、金利水準がさらに低い民間住宅ローンで借り換えるプランもありますので、ご確認ください。