フラット35は 借り換えでも利用できる

現在ではフラット35が借り換えでも利用できますが、実は、いまフラット35で借りている人も、次要件を満たせば、再度「フラット窃」で信り換えることができます。

 

意外と知られていないようですが、この「フラット35」←『フラット35」という信り換えができれば、固定金利の安心感を残したままで返済の負担が軽減されるととになります。

 

ただし、一定の優良住宅向けの優遇制度である「フラットおS」(日当初二疋期間の金利が引き下げられる制度)は借り換えでは利用できません。

 

現在この制度の適用を受けている人は、借り換えの効果を確認し、フラットおの取扱い機関に相談してシミュレーションを行ってもらうなどした上で、ご判断ください。
なお、現在フラットおを借りている人は、「適合証明書」の代わりに、フラット35のホームページからダウンロードした「借換対象住宅に関する確認書」を提出すれば済みますので、通常は2万円~3万円程度かかる検査費用も不要です。

 

●フラット35→フラット35、の利用条件

1.返済開始から1年以上経過しているとと

※現在返済しているフラット35の借入日(金銭消費貸借契約締結日)から、倍換融資の申込固まで1年以上経過していること

2.遅滞なく返済を行っているとと

※借換融資の申込日の前固までの1年間、正常に返済をしていること

3.現在とは別の金融機関等で借り換えること

 

●フラット35→フラット35、の借り換えで提出するおもな書類

・「フラット35J借換対象住宅に関する確認書
・登記事項証明書、または登記簿謄{抄}本
・審査に当たって必要となる所得などの証明書、など