融資事務手数料のタイフで、借り挽え効果の総額も多少変わってくる

フラットおからフラットおに借り換えた場合の「借り換え効果の総額」の目安をでご紹介しましたが、金額は、融資事務手数料が定率タイプ(融資額×2・1%)のフラットで借り換えるという前提で計算したものです。

 

これは、金利などの条件がよい「融資事務手数料・定額タイプ」のフラットおを利用できる人が多くはないことに配慮したためですが、こちらが利用できる場合は、返済期間によって借り換え効果の総額が多少異なってきます。

 

と、定額タイプ(3万1500円)は、借り換え前後の実質金利の差が「0・5%」の場合の、定率タイプ(融資額×2・1%)の借り換え効果の総額を比較したものです。

 

返済期間がm年の場合に両者の差はほとんどなく、これよりも短いと定額タイプで借り換えた場合の効果が大きくなり、逆に長ければ定率タイプの効果が大きくなる、ということがおわかりいただけ
るでしょう。

 

掲載したすべての金利差で算出してみましたが、いちばん下の表で示した「借り換え効果の総額の差」は、どれもほぼ同じ金額でした。

 

あまり気にする必要のない誤差と考えてもよいでしょうが、検討する際には1つの判断材料として加えてみてください。

 

なお、いずれの場合も、フラットおでの借り換えにこだわらず、民間住宅ローンとも比較した上で借り換えるローンを決めることが大切です。

 

家を売るなら今すぐコチラ。